2013年10月29日

コーヒー博物館リニューアル

先日、ポートアイランドの「UCCコーヒー博物館」に取材にうかがいました。

コーヒー専門の博物館として1987年にオープン(前身はポートピア博のコーヒーカップ型パビリオン)し、今年10月1日の“コーヒーの日”にリニューアルオープンしました。





コーヒーの歴史や、コーヒー生豆の鑑定を展示やパネルで学んだり、古いアンティークの焙煎や抽出の器具の展示、コーヒーカップやコーヒーにまつわる切手や音楽といった文化を楽しむ楽しい展示です。



世界初の”缶入りコーヒー”を生み出したUCC。
「UCCヒストリー」コーナーでは、こんな懐かしい商品や、懐かしCMなどが見られます。



「ひげのある人用」コーヒーカップ。

展示品は、ただ見るだけでなく“体験型”のゾーンが増えたのが特徴です。



2つの産地のコーヒーを飲み比べでいる「テイスティングコーナー」がお目見えしました。

コーヒー好きさんは絶対に見逃せないミュージアムです。
取材にうかがった日は、東京や全国から新聞や雑誌の記者の方々が来ておられました。
全国のコーヒー好きさんに、神戸に来てほしいです♪


一階には、喫茶室「UCCコーヒーロード」があります。喫茶室だけの利用も可能です。



UCC直営農園のコーヒーを、お好みの器具で淹れていただけます。



店長は、コーヒーのハンドドリップの日本チャンピオン・村田さん。
コーヒー抽出の大会で優秀な成績をおさめた方に、淹れていただける場合もあります。

この日は、サイフォニスト(光サイフォンによるコーヒー抽出)の世界チャンピオンに輝いた中村さんもいらっしゃって、あざやかな手さばきで淹れていただきました。
チャンピオンが淹れたコーヒーは…やっぱりとても美味しかったです!
私は特にコーヒーにうるさいわけではないのですが、あっさりしていながら香りが深く、美味しかった…!!
(喫茶室 コーヒー1杯420円~、豆100g500円~)

神戸っ子12月号でも、「UCCコーヒー博物館」のご紹介を詳しくさせていただきます。

■UCCコーヒー博物館
開館 10:00~17:00(入館は16:30まで)月曜休館
入館料 高校生以上300円 65歳以上150円
中学生以下無料 障がい者(介添人1名まで同額)150円

(喫茶室は18:00まで/ラストオーダー17:30)

UCCコーヒー博物館公式サイト

  


Posted by KOBECCO at 19:00神戸

2013年10月14日

住吉川リバーサイドフォーラム

住吉学園の所有する土地に「住吉川リバーサイドフォーラム」と言う図書館と資料館、タワーレジデンスが誕生しました。

旧・東灘図書館も新しく広くなってこちらに移転して来ました。
住吉だんじり資料館があるのもご自慢です。

たんじりの原寸大のお腹の部分の緞子。

東灘区ではGWの恒例行事、だんじり祭はこの資料館では住吉地区だけの全てが見られます。

新図書館は綺麗で広く、平日なのに多くの区民や学生が訪れていました。子どもの遊びルームもありました。広い書架。

お隣には「ブック&カフェ」もありました。

東灘区の皆さん、ぜひ新装なった図書館にお越し下さい。
  


Posted by KOBECCO at 12:34

2013年10月04日

10月号発売中です!

月刊神戸っ子10月号



特集は「有馬小旅行」「くらし未来を見つめて」です。



有馬小旅行は、有馬温泉のPRレディ「こゆな十二坊」の中のお二人に巡っていただきました。“有馬新旧発見”をテーマに、おなじみの観光地のほか、近年新しくオープンしたお店などもご紹介しています。
有馬温泉と、南京町の若手リーダー対談もあります。
今後、有馬と南京町のコラボレーションがスタートするかも!?しれません!



「くらし未来を見つめて」では、暮らしに関係する業種の皆さんに対談していただいています。
フランスの“林檎の礼拝堂”で有名な、美術家の田窪恭治さんと、神鋼不動産(株)社長の公文康進さんの対談をはじめ、

灘高・灘中の和田孫博校長先生と、日能研関西の小松原景久代表の対談、洋菓子の「ボックサン」の職人親子三代対談など、さまざまな業界からご登場いただきました!

ホームページで立ち読みできます!

KOBECCOホームページ


さて、9月30日には元町の書店「海文堂」さんが閉店してしまいました…。



月刊神戸っ子もずーっと置いていただいていました。
もとぶらの楽しみがひとつ減ってしまってさびしいですね。

 

このおなじみのオリジナルブックカバー、しおりも貴重なものになりました。

  


Posted by KOBECCO at 10:02神戸